応援アスリート

応援アスリート

田畑 真紀選手

スピードスケート

所属:
日本建物管理株式会社
経歴:
バンクーバー 女子チームパシュート 銀メダリスト。
日本代表として
・リレハンメル
・ソルトレイク
・トリノ
・バンクーバー
・ソチ
※長野は代表に選ばれながらも故障のため棄権
オリンピック5大会に出場した日本の女子スケート界を代表する中長距離界のレジェンド。
2014年ソチオリンピック 女子チームパシュート4位
2015年ワールドカップ帯広大会 チームパシュート2位
女子3000m 日本記録保持者

沢田 愛里選手

デュアスロン ・ トライアスロン

所属:
TxTgarage
経歴:
大学時代からトライアスロンを始め、2006年より「デュアスロン世界選手権」に日本代表として出場し、「デュアスロンアジア選手権」3連覇、「日本選手権」4連覇。
2009年
デュアスロンアジアカップ優勝
デュアスロン世界選手権日本代表(12位、日本人1位)
日本トライアスロン選手権16位
デュアスロンワールドランキング1位

加藤 大平選手

ノルディック複合

所属:
サッポロノルディックスキークラブ
経歴:
2009年チェコ(Liberec)世界選手権団体戦で金メダル獲得
2010年バンクーバーオリンピック NH個人戦24位、
      LH個人戦30位、団体戦6位
2013年イタリア(Val di fiemme)世界選手権 NH個人戦6位、
      LH個人戦10位、団体戦4位、チームSP4位
2014年 ソチオリンピック ノルディック複合日本代表 キャプテン

ワールドカップでは2012年3月のオスロ大会、2013年3月の
ラハチ大会では3位で表彰台に上がっています。

湊 祐介選手

ノルディック複合

所属:
東京美装興業株式会社スキー部
経歴:
秋田県出身、日本大学在学中は数多くのタイトルを獲得。
2007年 世界選手権札幌大会 日本代表
2009年 世界選手権チェコ大会 個人戦 6位
2009年 世界選手権チェコ大会 団体戦 優勝
2010年 バンクーバー冬季オリンピック 日本代表
2014年 ソチオリンピック 複合団体5位

滑 和也選手

中長距離 マラソン

所属:
SUBARU陸上競技部
経歴:
北海道出身。普通の市民ランナーとして参加した大会で、名だたる実業団選手を抑えて優勝した力をかわれSUBARU陸上競技部入りした異色の経歴を持つ選手。
ベストタイム

・5000m 13分44秒14
・10000m 28分36秒38
・ハーフマラソン 1時間03分10秒

中山 英子選手

スケルトン

所属:
有限会社日新堂製菓
経歴:
大学時代、学生新聞の早稲田スポーツの記者として野球と陸上を担当し、卒業後、信濃毎日新聞に入社した。1998年の長野オリンピックには運動部記者として関わった。 1998年にスケルトンの第一人者である越和宏に取材をしたことをきっかけに、自らも競技を始める。
2002年ソルトレークシティーオリンピック日本代表12位
2003年ワールドカップサンモリッツ大会5位入賞
2006年トリノオリンピック日本代表14位
2012年全日本選手権4位
2015年全日本選手権2位
2015年全日本プッシュ選手権2位

大日向 暁子選手

マスターズ陸上 女子三段跳び

所属:
経歴:
マスターズ陸上界のレジェンド 大日向暁子(おおひなた・あきこ)選手(長野県松本市)。65歳になった今季、9m68をマークして自身5度目となる年代別世界記録を見事更新!W45(45~49歳)、W50(50~54歳)、W55(55歳〜59歳)、W60(60〜64歳)に加え、W65(65〜69歳)の5つの年代別クラスで世界記録樹立を達成するという偉業をなし遂げた。現在もその記録は破られておらず、度重なる怪我と闘いながらも世界記録にこだわり、25年に渡って世界ナンバーワンの地位を守り続けている。
pagetop